子どもの初電話で思い出すのは、おばあちゃんのおうちに電話したときのことです。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話で思い出すのは

子どもの初電話で思い出すのは、おばあちゃんのおうちに電話したときのことです。
多分娘が2歳くらいで、少しお話ができるようになったころだったと思います。「もちもち、ばば?ゆうちゃん」とだけとか「あ〜」とか「う〜」とかいう声だとか、全然電話する必要を感じないような会話をおじいちゃんやおばあちゃんと繰り返していました。
じじばばのお家は、ママのほうもパパの方も近所なので、会って話をしたほうが早いんですけど、子供はおもちゃではなく本物の電話で話をしたがるので、何度もお話させた覚えがあります。
子供の初電話でいうと、小学生になってから私の職場に初めて電話をしてきたことを思いだします。会社に電話をするときは、「こんにちは。田中と申します。母を呼んでいただけますでしょうか。お願いします」と言うようにしつこく言いきかせていました。

でも、実際に電話をかけてきたときは、「・・・ゆうちゃんです!」としか言えなかったようで、「田中さん、たぶん娘さん」と苦笑されながら電話をつないでもらうことになってしまいました。
緊張してそれしか声がでなかったようです。

私にとっては困るけれど、ちょっとかわいいエピソードです。