小学生の子供が2人います。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

小学生の子供が2人います

小学生の子供が2人います。子供の居場所を確認するために子供携帯を持たせています。普段の使い方は、子供が遊びに出掛けた時に私のスマホから子供の居場所を検索するのと習い事のお迎え連絡にも使っています。電話帳に未登録の相手には掛けることができないので、使用は家族間のみです。

最初に長女に持たせたのですが、長男も自分の電話を欲しがりましたので、持たせました。
性別が違うと行動が違うので、持たせて良かったと思っています。長男はまだ自宅の固定電話で電話を掛けることができなかったので、電話した相手が出ると、うまく用件を伝えることができません。初めて自分で掛けた相手は私なのですが、私がもしもしと電話口で話しても無言です。
聞こえていないのかと思い、大きな声で「もしもし」と言うと、やっと「ママ?ぼくだよ」と自信の無い小さな声が聞こえました。
初めての電話は掛けてみただけで用事はなかったのですが、ひどく緊張していたようです。

今では、留守番中に長女と喧嘩したから叱って欲しいというような些細なことでも電話してくるようになりました。