自分の家庭にはまだ子供はいませんが、親戚の子供が遊びに来ていたときに、電話の応対を任せたことがあります。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

自分の家庭にはまだ子供はいませんが

自分の家庭にはまだ子供はいませんが、親戚の子供が遊びに来ていたときに、電話の応対を任せたことがあります。
小学校に上がる前で、普通の会話は大体できるのですが、自分の家でもまだ電話に出たことがないということでした。
ですが、せっかく遊びに来たんだし、その時間帯なら、それほど重要な電話がかかってくる予定もありません。ちょうどお昼ご飯が終わってゆったりしているときに電話がかかってきたので、その機会を利用したのです。

相手方の話は聞こえませんが、すぐに代われるように横についていました。
話しはじめは、落ち着いて相手の話を聞いているようでした。
しばらくしてから切って、「家にかかってきたんじゃないよ」といったのです。
家の苗字と、親戚の家の苗字は違うのですが、その子によく聞くと、自分のうちの苗字宛の電話ではなかったから切ったとのことでした。
肝心なことを注意し忘れていたと反省したのでした。