子どもに電話をとらせないという方も多いと聞きますが、わが家では私や妻の手がふさがっている時にはとってもらっています。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

子どもに電話をとらせないという方も多いと聞きますが

子どもに電話をとらせないという方も多いと聞きますが、わが家では私や妻の手がふさがっている時にはとってもらっています。これも社会勉強だと思いますし、将来自分で電話を利用する時の練習にもなります。
最初に電話をとる時は、どう言えばいいのかしっかりと教えてからにしました。
どんな電話がかかってくるかわからないので名前は名乗らない、そして親に代わりますとちゃんと言ってから、電話を親に渡すことを繰り返し教えました。
後は実践あるのみ。初電話は、電話のとり方を教えてからすぐにかかってきました。

何のことはない勧誘の電話でしたが、ちゃんと電話の相手に返事をして私に代わることができたので上出来でした。
私に似て勉強はそれなりですが、言われたことはちゃんとできるので、私の子にしては賢い子だと思います。最近は、電話がかかってくると電話に出たがって困ります。私たち夫婦がすぐに電話を取ることができるときは私たちがとっていますが、そうでない時は子どもにとってもらっています。