子供は、親をはじめとした周囲の人が行う姿をよく見ています。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

子供は、親をはじめとした周囲の人が行う姿をよく見ています

子供は、親をはじめとした周囲の人が行う姿をよく見ています。3歳になったばかりの息子がそれを教えてくれたのですが、私がトイレで用を足す為に少し目を話している間に、私のスマホから電話を掛けていたのでした。
確かに息子の目の前で電話を掛けたことは何度もあります。それを見て、自分もスマホが欲しいと強くねだり、おもちゃの携帯電話を買い与えた事もありました。

しかし、まさか電話帳に登録された父の携帯電話の番号を表示し、これに掛けてしまうとは、全く思ってもいなかったのです。

戻ってみるとスマホを耳に当て、大声を出して話していました。
その時点では実際に通話状態になっているとは思ってもみなかったのですが、息子の電話対応がリアルといいますか、おもちゃの電話でしゃべっている様子とは違って見えたことから、スマホを取り上げ確認してみました。
すると聞き慣れた父の声がそこから聞こえてきて、本当に驚きました。
父から電話をしてきたのかと聞いてみると、息子が電話をしてきたのだと言われ、ようやく全ての事情がつかめたのです。

確かにスマホにロックを掛けていなかった私が悪いのでしょう。
しかし、それ以降も私の目を盗んでは父に電話を掛けていることから、これが偶然起こった出来事ではなく、息子の確信犯である事は間違いありません。どう覚えたのかは全く分からないのですが、相手が父とは言え、しっかりと会話をしている姿を見ていると、嬉しくもあり、更に注意して子育てをしなければという思いも強く持つ事になりました。