電話というのは、こちらの都合に関係なくかかってくるものです。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

電話というのは、こちらの都合に関係なくかかってくるものです

電話というのは、こちらの都合に関係なくかかってくるものです。
お互い顔も見えないという事で注意が必要だと思っています。電話というのはおもちゃではないので、我が家では子供が電話に出ることは小学生になるまで禁止していました。

娘は今、高校生と社会人なので、2人が子供の時といえば、今ほど携帯電話は普及していませんでした。
2人の娘には、幼稚園を卒園してから、基本的な対応の仕方を教え、私の母に許可を取り、子供には許可を取った事を内緒で電話の取り方や受け答えの仕方を教え、実践しました。

小学校に入学して、友達と遊ぶ約束は、家の電話でするようになりました。
お互い何時に電話するかわかっていながら家族が電話に出てしまったり、反対に、友達と思って電話したら違う人だったりと緊張した声で受け答えをしていました。
夜分遅くすいませんとか、用件を伝える事をお願いしたりとか、顔の見えない人に自分の意志を伝える事は大人でも難しい事で、最初は、しどろもどろの娘でした。

今は携帯の普及により、電話を子供が使うことはありません。少し残念のような気もします。