おしゃべり大好きの次男は、幼いころから私が受話器を持って話していると自分も話したがって、私の足元で待っているような子どもでした。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

おしゃべり大好きの次男は

おしゃべり大好きの次男は、幼いころから私が受話器を持って話していると自分も話したがって、私の足元で待っているような子どもでした。
まだろくに言葉も出ないときから、受話器を手に頷いたりしている姿も微笑ましい様子でした。

あるとき、私の母から電話がきて次男がどうしても話したいと言ってきかなかったので、少しだけの約束で受話器を渡しました。
母は小さな子どもと話すのが上手なので、いろいろと呼びかけてみたようですが、次男はなかなかうまく答えられず「あのね、あのね」を延々10回以上も言い続けていたのが、とても可笑しかったのを思い出します。
その後は「うん、そう」などとうまく答えていて、受話器を置いてからは満足そうに「おばあちゃんと話せたよ」と満面の笑みを浮かべていました。
あのときは本当にかわいらしかったな、と懐かしく思い出します。もう中学生になったのですが、今も私の母との電話トークを楽しんでいるようです。
私は電話が苦手な方ですが、困ったときには次男が変わってペラペラと話してくれるので、我が家の電話番としても活躍してくれています。