子供はなんでも大人の真似をしたがるものです。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

子供はなんでも大人の真似をしたがるものです

子供はなんでも大人の真似をしたがるものです。
私が電話をかけていると、自分も電話に出たがって困りました。
そこで、祖父母の家に電話をかけ、子供と話をしてもらいました。
ですから、うちの子が初めて電話の対応をしたのは祖父母です。

祖父母も孫の声が聞けるのですから、嫌な顔をするわけがありません。いつも孫には甘い祖父母ですので、取り留めのない子供の会話にも嬉々として相手をしているようでした。
そのうち子供が飽きてしまったようで、他のことを始めてしまったので私が代わりましたが、自分でも電話をかけることができるのだとわかり得心したようでした。

子供だけで留守番させたことはまだありませんが、これから留守番をすることもあるかもしれません。その時のために、「はい」「いいえ」「わかりません」など、基本的な受け答えだけはしっかりできるように躾けるつもりです。
いくら子供でも、要領を得ない受答えでは、電話をかけてきてくれた方に失礼ですから、最低限のことは教えておきたいと思います。