今やスマホやガラケーといった、いわゆる携帯電話は誰もが持っている通信機器と言えます。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

今やスマホやガラケーといった

今やスマホやガラケーといった、いわゆる携帯電話は誰もが持っている通信機器と言えます。最近では、固定電話を引いている家庭の方が少なくなっているのではないでしょうか。我が家でも、旦那と私がそれぞれ携帯電話を所持しているので、家に固定電話は置いてありません。
普段は、幼い子どもが触ってしまっても良いようにロックを掛けているのですが、この前、ようやく初めての電話デビューを果たしました。
いつも、電話が掛かってくると、それまで静かにしていたはずが、傍に来て急に大きな声で「ねえ、何て?」「誰から?」と、自分も話したいアピールを始めたので、離れて暮らす祖母から電話が掛かってきた時に、子どもに電話に出て貰うことにしました。

ところが急に電話デビューに直面した子どもはとても緊張した様子。祖母の「もしもし」の声を聞いた途端、目を見開き、私と携帯を交互に見つめて驚いていました。
私が「もしもしって言ってごらん」と言うと、小さな声で「もしもし」。祖母がすぐに気づいてゆっくりと話しかけてくれたようで、一生懸命電話を耳にあてて聞いていました。
声にならない小さな声で返答したり、頷いたり。途中で電話を渡してくれましたが、その顔には「緊張したけど初めての経験が上手くいって満足した」と書かれていました。

あとで祖母に聞くと、終始鼻息しか聞こえなかったそうですが、祖母にとっても初めて電話で孫の声が聞けたことを喜んでくれていました。