最近は携帯電話ばかりで、家の電話を使うことがとても少なくなりました。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

最近は携帯電話ばかりで

最近は携帯電話ばかりで、家の電話を使うことがとても少なくなりました。
何日も使わないこともあるくらいです。
ある時自分の具合が悪く、鳴っている電話に出られないことがあり、子供に電話を取らせる練習をしていないことに気づきました。
それが小学校1年生くらいの時だったと思います。
それまで祖母や祖父など、相手が分かっている電話に出たことはありましたが、誰からかかってきているのか分からない電話に出たことはありませんでした。
私や夫の対応を見て知っている、と思ったのですが、きちんと教えなければいけなかったようです。

家の電話に出させたところ、無愛想に「はい」のひとことのみ。適当に相槌をうって、私に「でんわ」と受話器を差し出すだけでした。
誰からと聞いても、「なんて言ってたかわからない」。セールスの電話だったのであまり問題はなかったのですが、普段の電話対応がこれではまずいと感じました。

そこで初めて自分の名前を名乗ること、相手の名前を必ず聞くことの最低ふたつを教えました。
考えてみれば、プライバシー対策で最近は家の電話で名前は誰も名乗っていなかったので、子供ができなくて当然です。
もう少し早くきちんと教えておけばよかった、と反省しました。