子供が小さい頃、知らない間に電話に出てしまったことがあります。

子どもの初電話応対エピソード

子どもの初電話応対エピソード

子供が小さい頃、知らない間に電話に出てしまったことがあります

子供が小さい頃、知らない間に電話に出てしまったことがあります。まだ片言しかしゃべれなかったけれど、とにかく話せる言葉をすべて話したかったようで、電話でだれかと楽しそうにしゃべっていたのです。
ちょうどわたしは洗濯ものを取り込みにベランダに出ていたところだったので、電話が鳴ったことも、子供がそれに出てしまったことも知りませんでした。
リビングに行くと話し声がして、見ると子供が電話で誰かとしゃべっているのでとても驚きました。

慌てて代わると、相手は太陽光発電のセールスマンの方だったようでした。
セールスの電話をかけたら片言でしゃべる幼児が出て、一方的に意味不明な言葉を言われて非常に困ったことだろうと思います。申し訳ないと謝ると、「楽しかったですよ。お忙しいところにお電話すみませんでした」と逆に謝られてしまいました。
子供が出て一方的に話されても途中で電話を切らずに相槌をずっと打ってくれていたらしく、とても優しい人だなと感心してしまいました。

当の本人はというと、電話でいろいろしゃべることができてご満悦。その後も勝手に電話に出ようとするので、それを止めるのにしばらく大変苦労しました。

子どもの初電話応対エピソードは

子どもの初電話応対エピソードは、私には子供がいないので、自分が子供だった頃の電話の応対を思い出します。小さい頃は両親が電話で話しているのがとても羨ましくて、代わって欲しいと催促した事がありました。
特に親戚と話をする時には、電話で会話が出来るのがとても楽しかった事を覚えています。
数年前に知人の家で子供の電話の応対でトラブルがあったそうです。
その家には当時小学校に入る前ぐらいの子供がいたのですが、電話の応対はまだ小さいからというので、させていなかったそうです。
たまたま母親が少しの間近所へ出かけた時に電話が鳴り、その子供が初めて電話を取ったそうです。
相手は親戚の人だったそうですが「お母さんはいる?」という問いかけに「いません」、「何時に帰る?」と訊かれて「わかりません」と答えたそうです。
子供ながらしっかり受け答え出来て偉いと私は思ったのですが、電話の向こうでは「お母さんは家を出て何日も不在なのでは」と解釈したらしく、大騒ぎになったのだとか。
最近は子供向けのおもちゃの中に電話を模したものがあるので、本物の電話で会話をする前に、ごっこ遊びで電話でのマナーや応対などを実践させるのも良いかも知れないと思いました。